狙っていた土地を購入できました(男性/50代)

男性/50代

私は中堅どころの不動産会社を営んでいます。

 

先日、地元の優良企業から商業ビルの建設用地を紹介してほしいという依頼を受け、もしそれが成功すれば、大きな取引ができるチャンスです。

 

優良物件の情報が手に入ったので、競合他社より先に購入しようと考え、日頃取引のある銀行にすぐに借入ができるよう審査を申し込みました。

 

しかし、銀行では迅速審査はできず、回答までには2週間以上かかるとのことでした。

 

これでは資金力のある他の不動産会社に買われてしまうと焦っていた時、
ポストにチラシが入っていたファイナンス会社を思い出しました。

 

初めての会社なので不安でしたが、即日融資が可能か問い合わせてみたのです。

 

すると、会社で購入予定の土地に関心を持ってくれ、すぐに融資が可能との回答を得ました。
早速申し込みをしたところ、その不動産の価値に着目した審査を行ってくれました。

 

申し込みから5日間で融資の実行を受け、無事に狙っていた土地を購入することができました

 

しかも、購入後の売却先もほぼ決まっていましたので、
短期の不動産事業ローンを活用し、わずか金利4.50%で借りることができました。

 

返済期間はわずか3か月でしたが、無事に予定していた企業に売却ができ、
ほどなく売却金も回収できたので、問題なく返すことができました。

 

事業資金の迅速な審査が受けられたうえ、低金利の短期ローンでコスト負担も最小限に抑えることができました。

 

おすすめの事業者向けローン

ビジネクスト

 

ビジネクスト

 

  1. 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  2.  

  3. 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  4.  

  5. 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利

 

公式サイトはこちら

 

短期間だけ事業資金を調達したい時

事業資金は短期の借入もできる

事業資金は1ヶ月程度の短期借入もできます。

 

商品ページを見ると借入期間が最長72ヶ月などと記載されていますが、
早く返済する分には問題ありません。

 

返済方法を口座振替にしている場合は毎月の返済額が定額になっていますが、
銀行振込によって一括完済することは可能です。

 

毎月少しずつ返済をして、一括返済資金を確保できた時にまとめて返済することもできます。

 

借入期間は自分の意志で決めることができるので、借りた翌日に返すこともできます。

 

借入先は銀行がおすすめ

事業資金ローンというのは、用意している金融機関が少ないのです。

 

消費者金融や信販会社のローンも事業資金に使えるタイプがありますが、
カードローンやキャッシングの一機能となっている場合が多いです。

 

例えば、多目的に使えるカードローンの場合、
事業資金として活用することもできますが、総量規制の対象になります。

 

300万円を借りようと思ったら、900万円以上の年収がないといけません。

 

総量規制の適用となるローンには年収制限があるので、
借りたい金額を借りられない場合があるのです。

 

銀行の事業資金に関しては、用途が事業資金に特化しており、総量規制の対象にはなりません。

 

そのため、年収制限を受けることなく借りることができます。
ただし、無制限に借入できるわけではないので、借りすぎないように注意しましょう。

 

金利にはそれほどこだわる必要がない?

短期間の借入においては、金利にはそれほどこだわらなくて大丈夫です。

 

1ヶ月〜半年程度で返済するならば、金利の数%は大した差ではありません。
ただし、借入額が数百万円を超えるのであれば、金利にこだわったほうがいいでしょう。

 

金利はなるべく15.0%よりも低いところから借りるようにしたいものです。

 

銀行の事業資金の場合は、10.0%〜15.0%程度の金利適用となることが多いので、
この範囲内でなるべく低金利の銀行を選びましょう。

 

10.0%未満で借りるのは、かなりハードルが高くなり、
借入額も300万円以上にならないと適用されないのが普通です。

 

30日以内に返済するのであれば、30日間の無利息ローンをおすすめします。
30日間は利息がゼロなので、元金のみを返済すればいいのです。

 

銀行のカードローンは30日無利息、そして事業資金にも使えるタイプがあります。

 

カードがあればいつでも一括返済できるので、利息を抑えたい方にもおすすめです。