評判のビジネスローンを、知ることができました(男性/40代)

男性/40代

経営している会社の資金繰りが行き詰り、危機的な状況に追い込まれてしまいました。

 

運転資金が尽きてしまうと、支払い等が滞って取引先や従業員に大変な迷惑をかけてしまいます。

 

そればかりか、会社そのものが信用を失いかねませんので、
何とかしてお金を作らなければいけないのです。

 

リーマンショック以降、景気が悪化した影響もあって、
なかなかまとまった資金を融通してくれる金融機関がありません。

 

四の五の言う状況ではなかったので、ビジネスローンを利用することにしたのです。

 

なるべく評判の良いビジネスローンを選びたいという思いがあったので、
ランキングサイトを参考にすることにしました。

 

ランキングサイトは各社が提供するビジネスローンの利用実績、
金利の安さや限度額の大きさといった違いが一目で分かる様になっているので非常に便利です。

 

今すぐまとまった資金が必要だったので、私の場合金利の安さ、
審査のスピーディーさで評判のビジネスローンが良いと考え、早速申し込みました。

 

しばらくすると審査に通過して、何とか運転資金を用立てることができたのです。

 

ビジネスローンを検討している場合、ランキングサイトを活用すると、よりお得に借りれますよ。

 

おすすめの事業者向けローン

ビジネクスト

 

ビジネクスト

 

  1. 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  2.  

  3. 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  4.  

  5. 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利

 

公式サイトはこちら

 

よくある質問

評判のいいビジネスローンはどうやって探せばいいのでしょうか?
評判のいいビジネスローンを見つけたいなら、やはり、実際の利用者の声を聴くのが一番です。

 

こんな商品があるから良さそうだというだけで、実際に借りる手続きをしていないのでは、借りやすさや融資までのスピードも分かりませんし、対応の良さや返済しやすさなども分かりません。

 

そのため、実際に利用した方の評判を聞けるネットのビジネスローンサイトやランキングサイト、口コミサイトを覗いてみましょう。また、異業種交流会などに参加して資金調達の方法について情報交換するのもおすすめです。

 

簡単に借りられるビジネスローンがあると評判ですが、どのようなタイプなのでしょうか?
ビジネスローンというと、経営計画書や事業計画書などを何十枚も書かなければならなかったり、様々な書類が要求されるうえ、審査に1ヵ月もかかるといった場合も少なくありません。

 

ですが、近年評判のビジネスローンの中には最短即日で審査結果が出るものがあります。

 

比較的少額のビジネスカードローンがその代表格で、利用限度額が最大300万円から500万円で、利用限度額の範囲内なら必要に応じて好きな時に借りられる便利なタイプです。

 

赤字でも借りられるビジネスローンがあると、巷の評判で聞きました。

そんなローンが本当にあるのでしょうか?

赤字でも借りられるビジネスローンとしては、まず、自治体などの公的融資や中小企業金融公庫等の中小零細企業向けビジネスローンに特化したローンが挙げられます。

 

経営支援や経営再建を目的にしたローンであり、一定の条件を満たし、事業再建計画などが認められることで貸し付けが受けられるものです。

 

一方、不動産をお持ちの方に評判なのが、事業者向け不動産担保ローンです。万が一返済ができなくなっても、不動産を競売にかけて返済に充てられるため、赤字であっても借りられるのです。

 

自社ビルがなくても借りられる不動産担保型のビジネスローンがあると評判になっていますが、担保はどうするのですか?
不動産担保型のビジネスローンというと、自社ビルや会社の土地、工場や工場設備などの会社所有の不動産がないと利用できないと考え停る方が少なくありません。

 

ですが、事業者の間で評判が高い不動産担保ローンの中には、会社経営者が個人的に所有している住宅や土地などや、家族の同意が得られれば配偶者その他の家族が所有する不動産でも担保にできるケースがあります。

 

何らかの不動産を持っていればよく、しかも、既に住宅ローン等の抵当権が設定されていても、後順位の抵当権でも借りられるのが評判となっています。

 

ネットで評判のビジネスカードローンは、どんなメリットがあるのでしょうか?
ビジネスローンの中でもビジネスカードローンの評判が近年高まっているのには、その使い勝手の良さが挙げられます。

 

まず、申し込み手続きが比較的簡単で、決算書類や確定申告書類だけであったり、簡単な書式の経営計画書で足ります。審査は最短即日で、融資もその日のうちにカードを受け取って利用できる場合もあります。

 

資金が必要な都度、融資を申し込んで審査を受ける必要がなく、一度利用枠を確保してしまえば、その範囲内で何度でも借りられるのも運転資金の準備がしやすくメリットが大きいのです。