800万円の融資を受けれました(男性/50代)

男性/50代

私は地方で大手企業の下請け工場を営んでいます。

 

景気がよく大手企業が生産を伸ばしている時は比例して業績が上がるのですが、
景気が落ちこむと発注も大きく削減し、最悪の場合は契約が切られることもあります。

 

下請けというのは常に生産調整の対象で、自分たちだけの裁量でやっていけないのが辛いです。

 

ここ数年も生産がギリギリのところまで落ち込んでおり、経営はいい状態にあるとは言えません。
そんな中でも仕入れた部品の決済資金や従業員への給料の支払いをする必要があります。

 

手形決済の資金と従業員への冬のボーナスの支払い時期が迫ったため、返済期間1年で短期融資を受けることにしました。

 

利率が1.5%程度と低く、保証協会の保証が受けられれば原則として担保も保証人も必要ありません。
事業がうまくいっていないなら、ボーナスカットもありです。

 

しかし、従業員が楽しみにしているボーナスまでカットしては、モチベーションが下がってしまいます。
小さな工場の財産は技術を持った従業員ですから、待遇を下げたくなかったのです。

 

短期の事業資金として融資を申し込んだところ、800万円の融資を受けることができました。

 

事業税等の税金の滞納がなく、手形交換所で取引停止処分などを受けていなければ、
業績が多少悪くても借りられるとのことで本当に良かったです。

口コミ人気No1の事業者向けローン

ビジネクスト

ビジネクスト
  1. 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  2.  

  3. 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  4.  

  5. 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利

公式サイトはこちら

 

他に下記商品も口コミによる評価が高いです。

 

ビジネスパートナー → 他社の審査に落ちた場合でも安心、最短一日で結果が分かる

 

資金調達プロ → 売掛金を売却して資金繰りを改善するファクタリングを採用

 

事業資金目的の短期融資について

短期融資とは

事業を行っていくうえでは、設備投資など長期の投資を行う機会が多くあります。

 

例えば、大きな工場を建てたり商業施設を創設して運営するなどの場合、
10年から20年の歳月をかけてコストを回収し、収益を軌道に乗せる計画を立てることが少なくありません。

 

このためにかけるコストを融資でまかなう場合も、10年、20年の中長期の返済期間で借入をすることになります。

 

一方、ビジネスにおいては、すぐに借りて返したいといった資金ニーズが生じることもあります。

 

掛け売りした商品代金が入金されるまでの間、仕入れ費用を借りたいや、
人材不足で雇用を増やす際の受け入れ費用として一時的に借りたい場合など様々なケースが考えられます。

 

金利相場は長期のほど低く、短期ほど高くなるのが一般的です。

 

しかし、低利でも長く借りれば利息総額はかさみますから、
短期の資金ニーズには短期間だけ借りられる融資を探すのが賢明です。

 

通常、短期融資という場合は、返済期間1年未満の融資を指します。

 

短期事業融資にも様々なパターンがある

金融機関等では短期の事業資金目的のローン商品を取りそろえています。

 

もっとも、銘打ってそういった商品がラインナップされていなくても、
短期で借りたいと相談すれば、相談に応じてくれるのが一般的です。

 

また、既に予定されている融資が実行されるまでの間や、資産の売買代金や
商品の売上代金などが入金されるまでの間だけまかなう、つなぎ融資という商品もあります。

 

短期融資は無担保のケースも多いですが、有担保のものもあります。

 

例えば、販売予定の住宅などに抵当権を設定し、新規の土地取得などの為の資金とし、
抵当権を設定した住宅が売れたら、その代金で債務を返還し抵当権も末梢してもらう方法です。

 

ビジネスカードローンを利用する

短期と銘打っているわけではありませんが、
短期の資金ニーズを満たすのに使い勝手がいいのがビジネス向けのカードローンです。

 

カードローンは最初に一定の利用枠を設定し、その範囲であれば、何回でも借入が可能というローンです。

 

利息は実際に借りた金額だけに日々かかります。

 

毎月決まった額を返済してもいいわけですが、一時的に借りてお金の余裕ができたら、全額を返済することも可能です。
借入はもちろん、返済もカードを利用してATMでいつでも簡単に行えます

 

なので、手続きが面倒な方や、期間を決めずに資金に余裕ができたら
すぐに返したいというケースには便利に利用できます。