サロンのオープン費用で700万円借りました(女性/40代)

女性/40代

私は自宅の最寄り駅に近い高級タワーマンションの一室を借り、
念願だったプライベートエステサロンをオープンすることにしました。

 

ラグジュアリーな空間を作るため、マンションの内装を改装し、
高級インテリアを揃えたいと思いました。

 

また、マンションを借りるための保証金、最新美容機器や海外のブランド化粧品類の購入など
全てあわせると見積もりで1200万円ほど必要になりました。

 

開業までに貯めた800万円の貯金の一部500万円と、残る700万円を借りる計画を立てました。

 

貯金を300万円残しておくのは、事業が上手くいかない場合に備えて生活資金を確保するためです。
事業資金の借入先には、長年利用してきた地元の第二地方銀行を選びました。

 

地域密着型で子供のころから親が預金をしてくれていたので愛着もあったからです。

 

自宅に出入りする馴染の行員さんがおり、支店の窓口に何度も行ったことがあるのも、
初めて事業資金を借りるうえで敷居の低さを感じました。

 

大きな金額にのぼる事業資金を借りるには、貸してくれなかったらどうしようなどと下手に回るのは損だと思うのです。

 

自分はお客だと思えるくらいのところのほうが、自信をもって交渉もしやすい気がします。
やはり、銀行では取引が多いほど心証はよく、独自の審査基準でも優遇を図ってくれます。

 

事業計画書の作成指南までして頂き、審査が通るお膳立てをしてもらいました。

 

私もこれまでの個人としての定期預金や、新たにエステ名義の口座を開設したことなども
ポイントになって、おかげで無ことに希望額を借りることに成功しました

 

口コミ人気No1の事業者向けローン

ビジネクスト

ビジネクスト
  1. 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  2.  

  3. 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  4.  

  5. 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利

公式サイトはこちら

 

事業資金は安心安全な銀行で借入

なぜ銀行の事業資金がいいのか?

銀行という金融機関は当たり外れがありません。

 

うっかり申し込んだ業者が悪徳業者だった、なんてことはないのです。
安全性の高い金融機関であり、金利が低いというメリットがあります。

 

実質年率14%台で借りられるローンも多く、高額融資を受けられる方にほど大きなメリットがあります。

 

融資額が大きくなるのに比例して利息も増えるからです。
申し込みはネットや電話、窓口、郵送などの方法で行えます。

 

用途は事業資金に限定されるため、総量規制の対象外となります。

 

総量規制とは用途不問の多目的ローンに対して適用となるものです。

 

事業資金にしか使えないローンは消費目的とは異なるため、
総量規制の対象外となり、年収の3分の1を超えた金額を借りることもできます。

 

審査にかかる時間は、キャッシングやカードローンと同じくらいです。

 

自営業者、個人事業主、法人代表者などを融資対象としており、融資可能な年齢は20歳~65歳程度となります。
融資額は50万円~500万円程度となっており、最低融資額が大きいのが特徴です。

 

キャッシングの場合ですと1,000円から借りられるローンもありますが、事業資金に関しては
50万円以上などと、まとまった金額からの融資になっているものが多いのです。

 

カードで借りられる事業ローンがおすすめ

事業資金のなかにも、カードで融資を受けられる事業ローンがあります。

 

事業資金にだけ使用できるカードローンであり、カードで繰り返し利用できるというメリットがあります。

 

銀行、提携金融機関・コンビニなどのAGAで借入・返済できるのが特徴であり、
深夜・早朝などの時間帯でも利用できるのです。

 

個人事業主として活動していると、こまめに事業資金が必要になることが多いため、
カードで借りられるタイプは重宝します。

 

カードタイプの事業資金を利用する時は、繰り上げ返済できるかどうか確かめておきましょう。

 

追加で返済できるタイプは好きな時に返済できるので、利益が多い時にまとめて返済することもできます。
返済期間が短くなるほど利息を抑えることができるので、必ず繰り上げ返済可能かどうか調べておきましょう。

 

利息は日割り計算になるので、3日間借りた場合は3日分の利息しかつきません。
口座引き落としによる返済するタイプだと、毎月1回の返済が基本となります。

 

月の返済額が決まっていると、多めに返済することができないので、利息を抑えるのには不向きです。

 

カードローンタイプは、うまく使えば利息を抑える効果も期待できるのです。