小さい会社でも積極的に融資してくれました(男性/40代)

男性/40代

私は地方で小さな会社を営んでいます。

 

現在はパソコンや携帯電話さえあれば会社が立ち上げられる時代ですが、
いざ事業を行う上で様々な経費がかかります。

 

タイミングよく事業を拡大したくても、運転資金がなければどうにもなりません。

 

以前、大手の金融機関に借りに行ったことがあるのですが、
小さな会社は不安定ということで全く相手にされませんでした。

 

そんな時頼りになるのが、地元の信用金庫です。

 

仕ことが忙しい時に営業で銀行マンが回ってきた時は正直うざいなとか、
商品を勧められても購入する余裕はないぞと、冷たくあしらってしまうこともありました。

 

それでも、暑い日も寒い日も自転車に乗ってやってきては、元気に挨拶していきます。

 

社長というのは孤独で、特に小さい会社だと社内に頼れる相談相手もなく、
経営のことで頭がいっぱいになることも少なくありません。

 

そんな時、信用金庫の営業マンが話し相手になってくれました。

 

地元企業の情報を教えてくれたり、経済の動きなど最新情報を入れてくれ、
信用金庫の融資やサポートなどについてもアドバイスしてくれます。

 

私は彼の名刺を手に取り電話をして事情を話すとすぐに飛んできてくれ、
事業資金融資のための手続きを整えてくれました

 

信用金庫は地元企業を応援する体制を整えているため、大手に比べて小さい会社にも積極的に融資をしています
彼の尽力もあり、無ことに審査を通ることもできて大変助かりました。

 

口コミ人気No1の事業者向けローン

ビジネクスト

ビジネクスト
  1. 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  2.  

  3. 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  4.  

  5. 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利

公式サイトはこちら

 

他に下記商品も口コミによる評価が高いです。

 

オリックスVIPローンカード → 個人事業主・経営者のためのカードローン、全国のコンビニで利用可能

 

ビジネスパートナー → 他社の審査に落ちた場合でも安心、最短一日で結果が分かる

 

資金調達プロ → 売掛金を売却して資金繰りを改善するファクタリングを採用

 

信用金庫で事業資金を調達する

信用金庫とは

信用金庫とは地域密着型の金融機関であり、地域ごとに組織されるだけでなく、各支店の営業エリアも決められています。

 

そして、その地域に居住している方や勤務している方、
事業を行っている方に対して、預金や融資などの金融サービスを提供しています。

 

利用するには会員になる必要があり、地域の方が預け入れた預金が、
その地域に住む方や企業に融資される仕組みです。

 

そして、地域の相互扶助により、地域経済の発展とよりよい暮らしづくりを目指しているのです。

 

株式会社化されている銀行とは異なり、利益第一主義ではなく、
会員と地域社会の利益を優先した業務を行っています。

 

大手企業への融資が中心となる都市銀行とは違い、個人事業主や中小企業への融資を中心とし、
地域の企業をサポートする役割を果たしています。

 

会員資格

信用金庫で事業資金の融資を受けるには、まずは会員になる必要があります。

 

会員資格があるのは、その信用金庫の支店の営業地域にお住まいの方かお勤めの方、または事業所をお持ちの方です。
ただし、個人事業主や法人事業者には条件があります。

 

従業員数が300人を超える個人事業主や、常時使用する従業員数が300人を超え、
かつ資本金が9億円を超える法人事業者は会員になることができず、融資を受けられません。

 

つまり、資金が借りにくい地元の小規模な事業者を支援するのが、信用金庫の役割といえます。

 

そのため、規模が小さい、経営がうまくいっていないなどの事情があっても、借りられる場合があります。
まずは、お住いの地域を管轄している信用金庫を探して、相談してみましょう。

 

融資の特徴

信用金庫の融資の特徴は、地域の方から預かった預金を地域の
中小企業に融資することで地域経済の活性化を担うことにあります。

 

基本は地域で事業を展開する事業者への融資となりますが、
700万円以内の小口融資は地域を超えて会員以外の方でも利用できる場合があります。

 

事業所をお持ちのエリアに信用金庫がないといったケースなら、
近隣の信用金庫の支店に相談にいってみるのも1つの方法です。

 

主な法人向け融資として、一般融資、制度融資、代理貸付があります。
一般融資は中小企業向けに長期はもちろん、短期の事業資金を融資するものです。

 

制度融資は信用金庫だけでなく、地方公共団体や信用保証協会の三者が共同で行う融資で、低金利の貸付が魅力です。

 

代理貸付というのは、政府資金の長期融資を信用金庫が公庫や事業団などの代理人となって行う制度であり、
いつも利用している地域の支店で、有利な政府融資を受けることができます。