酒店経営の悪化を食い止められました(男性/50代)

男性/50代

私は親から受け継いだ酒店を経営しており、小売りのほか、
従業員を3人ほど雇って、近隣の飲食店やホテル等に酒を配達しています。

 

しかし、地域の景気が冷え込んでおり、一番大きい取引先だった
宴会場のあるホテルが倒産して代金の一部が回収できなくなりました。

 

さらに、飲食店も閉店するところが増えて売り上げも減って、
従業員の給料の支払や酒の仕入れにも支障が出る状況になったのです。

 

そこで、短期資金の融資を受けようと思い、地元の金融機関に相談に行きました。

 

希望に添う融資として銀行のローン商品ではなく、県の小規模事業者向け短期資金融資を勧められたのです。
指定金融機関として申し込みの窓口になっているそうで、金利は1.1%という固定の低金利が魅力でした。

 

事業資金の借入ができる要件として、商業・サービス業は従業員が
5人以下の小規模事業者に限定されるのですが、うちの店はこれに該当します。

 

担保や保証人も原則不要で、小口零細企業保証というのを県の信用保証協会から受けます

 

保証料率は年0.45%~2.15%で審査で決められるのですが、
1.15%を超える場合、小規模事業者は補助が出て最大でも1.15%しか払わずに済みます。

 

1年以内の割賦償還か6ヶ月以内の一括償還が選べました割賦でお願いしました。

 

融資申込書のほか確定申告書の写しと現時点の残高試算表、事業税の納税証明書の提出だけで借りられました。
公的な融資を受ける場合には税金をきちんと納付していることが必須となるので、日ごろから気を付けておくといいでしょう。

 

口コミ人気No1の事業者向けローン

ビジネクスト

ビジネクスト
  1. 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  2.  

  3. 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  4.  

  5. 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利

公式サイトはこちら

 

他に下記商品も口コミによる評価が高いです。

 

オリックスVIPローンカード → 個人事業主・経営者のためのカードローン、全国のコンビニで利用可能

 

ビジネスパートナー → 他社の審査に落ちた場合でも安心、最短一日で結果が分かる

 

資金調達プロ → 売掛金を売却して資金繰りを改善するファクタリングを採用

 

事業資金を低金利の融資で受けたい時

資金調達コストを抑えることが事業継続の鉄則

事業資金を調達する際、できるだけ低金利で借りることが、
事業をスムーズに展開していくための重要なカギを握ります。

 

ただ希望額が借りられればいいのではなく、なるべく資金調達コストを抑えることが大切なのです。

 

毎月の返済額が大きいと返済が難しくなりますし、利息負担が大きいと、
せっかく利益を出しても内部留保や設備投資等に使えず、利息返済に回ってしまいます。

 

新規参入する事業者が万といる一方で、撤退していく事業者も多い最大の原因が融資金の返済困難と言われています

 

事業のために借りたお金が仇となって、事業継続が困難にならないよう、
しっかりと返済計画を立て、なるべく低コストで資金調達しなければなりません。

 

そのためには、様々な融資制度やローン商品をリサーチし、貸付条件や適用金利、
返済期間などを見比べて、返済シミュレーションを行いましょう。

 

総コストが抑えられるものを選ぶ、事業が軌道にのるまで
毎月の返済額が抑えられるものを選ぶなど検討が必要です。

 

低金利の融資制度で条件に合うものを探す

国や自治体、公庫などでは、様々な低利の融資制度が用意されています。

 

国民の税金等、国庫のお金から融資してもらえるわけですから、
それぞれの融資制度の趣旨や目的に合った方でないと借りられません。

 

民間の金融機関から借りにくい小規模事業者をサポートするための融資制度や、
経営再生のための融資、災害時の緊急融資、起業家支援のための融資などがあります。

 

それぞれ融資対象や借入条件が定められています。
自分が該当する条件の制度があるか、細かくチェックしてみましょう。

 

また、自分に合った制度があるか探すのが難しい場合には、
直接、自治体や公的機関の窓口を訪れるのもおすすめです。

 

現在の経営状態の診断などを行いながら、専門の担当者が条件に合う
融資制度を紹介してくれ、そのなかから比較検討が可能となります。

 

審査の仕組みを知る

民間の金融機関や貸金業者の審査では、同じ借入をするにしても、
返済能力の高低により、適用利率に差がつけられます。

 

返済能力が高いほど低金利で融資を受けられるため、いかに審査でいい判断材料を提供できるかは重要です。

 

利益を安定的に上げている決算内容、今後の業績見通しや事業展望について
詳細かつ具体的に示した事業計画書の作成などがあります。

 

審査担当者を納得させる申し込み書類の準備も不可欠となります。