余裕がある内にカードを作っておくと便利です(女性/50代)

女性/50代

事業を新しく始めようと思うと、いつ始めるかや
どのような事業形態にするかなど問題点はたくさんあります。

 

その中でも、やはり一番の問題となるのは事業資金、つまりお金でしょう

 

私は仕事をしながら新規事業を始めようとしていたので、ある程度は貯金がありましたが、
今後事業で多少の赤字を出しても大丈夫かと聞かれると不安要素は大きかったです。

 

そこで、赤字になってからローンに頼るのではなく、余裕が有る内に準備してしまおうと思いました。

 

その理由として、審査があります。金利の低いローンは審査もその分ハードルが高くなります
その時点でもう赤字で経営が崖っぷち状態であれば、貸す側も警戒してしまいます。

 

そうなれば審査にやたら時間がかかる、お金が必要な時に
金利の高いところからしか借りられない、というような状況に追い込まれてしまいます。

 

せっかくお金を借りてその場をしのいでも、結局その後金利に苦しめられることになります。

 

それに対して、余裕がある時であれば例え審査に時間がかかっても大丈夫ですし、審査自体にも通りやすくなります。
事業を始めるというのは、様々な問題点と向き合う必要があり、お金の問題は無視できないものです。

 

焦って金利の高い所から借りて、後々自分の首を絞めないようにまずは気持ち的にも
金銭的にも余裕のある内に金利の低い場所に目をつけておくと良いでしょう。

 

いざとなった時に必要となるお金を蓄えておくのが賢明かもしれません。

 

口コミ人気No1の事業者向けローン

ビジネクスト

ビジネクスト
  1. 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  2.  

  3. 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  4.  

  5. 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利

公式サイトはこちら

 

他に下記商品も口コミによる評価が高いです。

 

オリックスVIPローンカード → 個人事業主・経営者のためのカードローン、全国のコンビニで利用可能

 

ビジネスパートナー → 他社の審査に落ちた場合でも安心、最短一日で結果が分かる

 

資金調達プロ → 売掛金を売却して資金繰りを改善するファクタリングを採用

 

金利で選ぶ事業資金ローン

実質年率を確認しておこう

事業資金ローンを利用する際は、年利を調べておきましょう。

 

年利、年率、実質年率などと表記されていますが、どれも同じ意味です。
個人事業主、自営業向けのローンですと、年利は10%未満~18.0%の設定が一般的です。

 

100万円以上の借入をすれば、最高でも15.0%となり、それ以上の金利になることはありません。

 

カードローンやキャッシングに適用となる利息制限法は、事業資金ローンにも適用となるのです。
低金利の事業融資は、審査に時間がかかる、中小企業を対象にしている、担保を必要とする、などの特徴があります。

 

スピード融資、個人事業主向けのローン、無担保ローンは金利が高めになっているので、よく金利比較をする必要があります。

 

同じ金融機関でも金利設定には大きな差があります。

 

業歴によって金利が変わることがある

低金利で借りられる人ほど、金融機関側から大きな安心を得ていると考えていいでしょう。

 

過去にローンを利用していて遅延がない、現在においてローンの遅延・税金の未納がない、
個人信用情報に問題がない、といった方は高評価となります。

 

信用力の高い方ほど、低金利、高額融資を受けることができるのです。

 

事業資金ローンの審査を受ける際は、低金利ローンから優先的に申し込みましょう。
低金利であるほど審査はシビアですが、結果を決めるのは金融機関です。

 

自分では無理だと思っていても、借りられるケースは少なくありません。

 

審査に落ちた場合は、やや金利が高めのローンに申し込むというように、段階的に審査を受けていくといいでしょう。

 

金利交渉は行ったほうがよい?

事業資金ローンを利用するにあたり、金利交渉は行ってもかまいません。

 

ただし、あくまでも希望する形にしておき、しつこく交渉しないのがコツです。
なるべく低金利で融資を受けたい、というように希望として伝えておくのです。

 

他社を引き合いに出して交渉するような方法は、敬遠される原因となるので注意しましょう。

 

本格的に金利交渉を行うならば、返済実績をある程度積み重ねていく必要があります。
6ヶ月間いちども遅延がなければ、ある程度の信用は確立できていますので、金融機関側も話を聞いてくれるはずです。

 

信用力は交渉力となりえるので、金利引き下げ、限度枠の増額を希望する方は、まずは利用実績を確立しましょう。

 

初契約の時点では無理な交渉はせず、借りられたら成功と考えたいものです。