審査スピードも早く、融資実行まで短期間です(男性/50代)

男性/50代

私は脱サラして、広告や印刷物のデザイン制作会社を営んでいます。

 

おかげさまで5年ほど経ち、若いスタッフを中心に5人ほどの社員を雇える状態になれました。

 

しかし、従業員に毎月給料を支払い、最新のパソコンやデザインソフトを購入して
事務所を維持していく上で経費も当然多くかかります。

 

コンスタントに仕ことが入ればいいのですが、不況で広告宣伝費を抑える企業も多く、
思ったように仕ことが入らないこともあります。

 

そのため、事業資金のローンは弊社にとって必要不可欠の存在です。

 

だからこそ、私にとっては無担保ローンは重要です。

 

保証契約の締結や抵当権の設定手続きがないので、審査スピードも早く、融資実行まで短期間で済むのが魅力です。
保証人になってくれる人を探すのもけっこう大変で、信用力がある人でないといけません。

 

その点、無担保ローンなら保証人不要、不動産担保も不要ですから、
不動産を持っていないうちのような会社でも気軽に借りられます。

 

低金利で借りたい時は、自治体や公的機関の制度を探すことにしています。

 

保証人・担保不要で、保証協会による保証料も低く抑えられ、
利子補てんなどもあるのでコストを抑えて借入ができるのです。

 

条件さえ満たせば、断然有利です。

 

一方、手続きをより簡便にして即日借りたいなら事業者向けのカードローンがいいですね。
無担保で借りられて審査も通りやすく、ATMを使って好きな時に借りられるので便利です。

 

口コミ人気No1の事業者向けローン

ビジネクスト

ビジネクスト
  1. 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  2.  

  3. 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  4.  

  5. 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利

公式サイトはこちら

 

他に下記商品も口コミによる評価が高いです。

 

ビジネスパートナー → 他社の審査に落ちた場合でも安心、最短一日で結果が分かる

 

資金調達プロ → 売掛金を売却して資金繰りを改善するファクタリングを採用

 

事業者ローンを無担保で借りる時の注意点

有担保と無担保はどう違うのか?

事業者ローンには、有担保タイプと無担保タイプがあります。

 

担保がいらない無担保タイプのほうが有利に思えますが、無担保ゆえの注意点もあります。

 

担保が不要なので、借入限度額が小さく、金利もやや高いことです。
最高1億円まで可能といったローンは、すべて有担保になっているでしょう。

 

不動産を担保にするローンは、不動産の価値に応じた限度額を設定できるので、数千万円を借りることもできるのです。

 

無担保の場合、自分の信用だけを担保にするしかありありません。
過去のローン利用において遅延がないこと、安定した収入があること、などが借りるための最低条件となります。

 

無担保融資の金利は、カードローンやキャッシングより少し低金利になっているものが多いです。

 

事業のための借入に特化しているため、金利を引き下げているのです。
ローンというのは利用目的が幅広いほど金利が高くなる携行があります。

 

住宅ローンは用途が住宅の取得に限られており、住宅に抵当権という担保のようなものを
設定するため、低金利での融資が可能となるのです。

 

無担保の事業者ローンを利用する場合は、事業計画書の提出を求められる場合もあります。

 

低金利のローンほど審査が厳しいのが普通です。
即日融資可能なカードタイプの事業者ローンに関しては、事業計画書を提出しなくても借りられるタイプが多いです。

 

通常のカードローンと同じ流れで借りられるので、手軽に借りたい方におすすめします。

 

自身の返済能力を把握しておく

無担保のローンは、自己責任で融資を受けるものです。

 

担保を設定しなくていいので、返済不能になっても失う不動産などはありません。
また、保証人も不要とするタイプが多く、もし返済できなくなっても、親・兄弟が返済義務を負うことはないのです。

 

それゆえに、審査では個人の信用を重視されます。

 

申込者の年収・他社からの借入額・借入先なども審査対象となります。
事業資金の場合は総量規制の対象にはなりませんが、無制限に借入できるわけではありません。

 

金融機関側の判断で、無理なく返済できると思われる金額の融資となります。

 

過去のローン利用実績が好ましいならば、融資額は大きくなる傾向があります。
はじめて無担保の事業者ローンを利用する方は、借りすぎないように注意しましょう。

 

無理な希望額を設定することで、審査で落とされてしまうケースは多いのです。

 

余裕を持って多めに借りるのではなく、不足しない程度に借りるのがコツです。