リフォーム会社の立ち上げ資金に使いました(男性/40代)

男性/40代

私は勤めていた零細企業の経営が傾き、このままではいずれ失業するなと思い、
思い切って会社を辞めることにしました。

 

転職も考えましたが思うようにいかず、得意だったDIYの技術を活かして
リフォーム会社を立ち上げることにしたのです。

 

貯金の200万円を使って細々とやってきましたが、家族を支えるために、
もう少し本格的にやりたいと思い、あと200万円ほど必要になりました。

 

しかし、今までサラリーマンだった私が銀行に事業資金を借りに行くというのは、敷居が高いなと思いました。

 

事業計画書の作成が求められると知ったのも理由の1つで、融資を引き出せるような
説得力のある計画書を作成できる自信がなかったのです。

 

家計の赤字を埋めるため、いつも利用しているサラ金に生活資金として3万円ばかり借りに行った時のことです。

 

これを事業資金に使っていいかと聞いたところ、これはあくまでも生活資金用と言われました。

 

ただし、事業資金向けの融資も扱っているので別途申し込みをして審査が通れば、
300万円まで借りられると教えてもらったのです。

 

サラ金というとサラリーマン向けと思っていたので、自営業者にも貸してもらえるとは思っていませんでした。

 

早速、申込書を記入して事業内容確認書というのを書いて提出しました。
すると、その日のうちに審査が通り、希望していた200万円の融資を受けることができたのです。

 

いつものサラ金だったので、気持ちも軽く安心して借りられました。

 

口コミ人気No1の事業者向けローン

ビジネクスト

ビジネクスト
  1. 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  2.  

  3. 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  4.  

  5. 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利

公式サイトはこちら

 

他に下記商品も口コミによる評価が高いです。

 

ビジネスパートナー → 他社の審査に落ちた場合でも安心、最短一日で結果が分かる

 

資金調達プロ → 売掛金を売却して資金繰りを改善するファクタリングを採用

 

事業資金はサラ金でも融資可能?

サラ金にも事業者向けがある

サラ金というのはサラリーマン金融の略で、会社勤務のサラリーマンでも
気軽に借りられるということから名づけられた通称です。

 

正式には一般的に消費者金融のことを指しています。

 

消費者である一般生活者向けに小口の融資をするのがコンセプトであり、大手企業などへの
大口融資を基本とする銀行で借りられない人々のために生まれた貸金業者です。

 

ということは、サラリーマンなど一般消費者ではないと、サラ金では借りられないと思われるかもしれません。

 

もっとも、そういうことはなくて、その業者が事業者向けのローンを取り扱っていれば融資が可能です。
ただし、一般消費者向けのローンしか取り扱っていない場合は、利用ができません。

 

なぜなら、一般消費者向けのローンは資金使途自由とありますが、
これには例外があって、事業資金には利用してはいけないとあるためです。

 

そのため、これとは逆で事業資金にしか使えないという事業者向けローンであれば、
開業資金や運転資金、設備投資資金など事業目的に自由に利用することが可能です。

 

借りる方法は

サラ金での事業資金融資の申し込み方法は、基本的に一般消費者向けローンと同じです。

 

来店のほか電話やインターネットからも、気軽に申し込みが可能です。
ただし、必要書類が異なるので注意しましょう。

 

一般消費者が借りる場合は本人確認書類が必須ですが、収入証明書類は借入金額によっては省略することができます。

 

これに対して、事業資金の場合は個人事業主なら前年度の確定申告書、
法人の場合は前期もしくは2期分の決算書が必要です。

 

また、法人の場合は、代表者による連帯保証を求められることがあり、実印と印鑑証明書を用意しなければなりません。

 

法人の登記簿謄本が必要なこともあります。
なお、事業資金の融資にあたっては、返済能力を審査するために事業内容の確認が必要になります。

 

一般個人としてサラ金に申し込む際は、勤務先や収入、雇用形態や扶養親族の有無、
持ち家の有無などを申込書に書き、これによって返済能力が審査されています。

 

事業主に貸す場合には、個人の信用能力の審査に代えて、
事業内容をもとに返済能力があるかがチェックされるのです。

 

どのような業種でどのような商品を誰に販売しているのかや、
数年間の収支状況、資金繰りなどについて尋ねる書類が用意されています。

 

そして、その項目をチェックしたり、収支状況を書き込むだけの簡単な書類です。
これを提出すると、即日から1日程度で審査が行われ、融資を受けることができます。