スピード審査で助かるビジネスカードローン(男性/20代)

男性/20代

学生起業をして早4年、まだ20代前半の僕ですが事業はけっこう順調です。

 

新しいビジネスを開拓したいと計画しましたが、そのために500万円ほど準備する必要があります。

 

500万円の資金がないわけではないのですが、
これは内部留保としてとっておきたいので借り入れをすることにしました。

 

ビジネスは時間が全ての僕にとって、借入れも無駄なくスピーディーかつ簡単に行いたいです。

 

審査のために何日もかけて分厚い経営計画書を作成したり、
審査が通るか何日間もじっと待ち続けるなんてナンセンスだと思っています。

 

そこで、選んだのが申し込み手続きが簡便で審査が甘いビジネスカードローンでした。

 

過去2年分の決算書類と代表者である僕の印鑑証明書と実印程度を用意すればよく、申し込み当日にOKの連絡が入りました。カードを手に入れてしまえば、利用枠の範囲で自由に借入れができるので、使い勝手も抜群です。

 

800万円の利用枠が得られたので、まずは500万円を借りて新規ビジネスに投資し、
残りは必要に応じて運転資金などに計画的に利用して行くつもりです。

 

口コミ人気No1の事業者向けローン

ビジネクスト

ビジネクスト
  1. 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  2.  

  3. 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  4.  

  5. 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利

公式サイトはこちら

 

他に下記商品も口コミによる評価が高いです。

 

オリックスVIPローンカード → 個人事業主・経営者のためのカードローン、全国のコンビニで利用可能

 

ビジネスパートナー → 他社の審査に落ちた場合でも安心、最短一日で結果が分かる

 

資金調達プロ → 売掛金を売却して資金繰りを改善するファクタリングを採用

 

よくある質問

審査の甘い事業者ローンと厳しい事業者ローン、どちらを選ぶほうが望ましいでしょうか?
ローンの貸付にはバランスというものが存在します。審査が甘い事業者ローンは、誰にでも比較的借りやすい基準で審査する分、貸付利率を高くすることで、万が一の債務不履行リスクをカバーしているのが一般的です。これに対して、審査厳しい事業者ローンでは、返済能力が一定以上ないと貸してくれない分、返済能力に応じた利率が適用され、より有利な金利で借りられることがあります。もっとも、審査に通らない場合もありますから、審査に通るか不安な状況なら、多少利率が高くても審査が甘い事業者ローンで借りられるほうがいいのではないでしょうか。

 

これから会社を立ち上げる開業資金の融資もしてくれますか?
事業者ローンの多くは、事業開始後の運転資金の貸付をメインとしています。事業者としての信用力を審査するのが基本で、過去数年分の決算内容などを審査しています。これから会社を立ち上げる場合、事業者としての実績がないため、借りられないところもありますが、中には開業資金の融資を行っているところもあります。事業内容や事業の見通しを示した事業計画書の提出を求められることもありますが、比較的スムーズに借りることができます。

 

赤字でも貸してくれるでしょうか?
事業運営において赤字はつきものです。開業したばかりの企業では数年から10年程度赤字は当たり前ですし、不況や為替変動などの外部要因により一時的に赤字に転落することも少なくありません。そのため、多少の赤字であれば審査が甘い事業者ローンは容易に貸してくれます。ただし、倒産寸前の赤字額であったり、何年間も赤字続きで復活の見通しがないような場合や、同じ業界では黒字の企業ばかりといったケースでは、審査が通らないこともあるでしょう。

 

貸付までの日数もスピーディーに対応してくれるでしょうか?
もちろん、申し込みから審査、貸付までの日数もスピーディーです。この点、一般的な事業者ローンや審査が厳しい事業者ローンでは審査に特に時間がかかります。1週間から長いところでは1ヵ月以上かかるばあいもあります。事業計画書など提出書類の精査はもちろん、企業訪問や各支店、工場などを審査担当者が訪問してチェックを行うため、審査期間が長くなるのです。これに対して審査が甘い事業者ローンは基本的に書面審査のみで足り、書類も簡易なものだけですから数日から、最短では即日で借りられます。

 

経営再建のための資金も貸してくれますか?
経営再建資金の融資も行っているかは、その業者の経営方針にもよります。審査が甘いということは、手続きや必要書類、審査が簡便に済み、業務もスムーズであることを意味しています。倒産しかけた企業への融資や、経営再建を目指す企業への融資では、今後の経営計画や再建計画などを吟味し、将来性や復活の可能性があるか確認しないとなりません。債務不履行リスクが高い案件なため、慎重審査を必要とします。となると、審査が甘い事業者ローン業者では、そもそも慎重審査を実施していないため、借りられない可能性があるのです。