ピンチの状態を乗り切ることができました(男性/40代)

男性/40代

為替レートが円安方向に向かう中、原材料価格が高騰し資金繰りが悪化するようになりました。

 

つなぎの資金が底をつくようになり、急場をしのぐ為に借り入れを申し込んだのですが、
なかなか融資してくれる金融機関が見つかりません。

 

従業員への給料、取引先への支払い等は信用の関係もあって絶対に滞らせるわけにはいきません。

 

どうしようかと焦っていた時、たまたまビジネスローンの広告を見かけ、
これしかないという気持ちで申し込んでみました。

 

しばらくすると、担当者の方から審査の結果が通知され、無ことに必要としている金額を借り入れることできたのです。

 

おかげでビジネスローンで借りたお金をつなぎ資金に回すことができました。
危機的な状況から抜け出すことができたので、心の底から感謝しています。

 

まさかの時の友こそ真の友と言いますが、誰も助けてくれない中で救いの手を差し伸べてくれたように感じ、今でも感謝しています。

 

金利も非常に低く、ゆとりのある返済計画が立てられているので、本業に専念できる点が魅力的だと思います。
またいつか、ピンチの状態が訪れた際はぜひ、お世話になりたいです。

 

口コミ人気No1の事業者向けローン

ビジネクスト

ビジネクスト
  1. 法人個人共に繰り返し借入OK、赤字決算でも申込み可能が嬉しい
  2.  

  3. 無担保無保証、来店不要で書類提出後3日程度で融資とすごく早い
  4.  

  5. 借入も返済も電話や提携銀行、コンビニATMから手軽に行えて便利

公式サイトはこちら

 

他に下記商品も口コミによる評価が高いです。

 

ビジネスパートナー → 他社の審査に落ちた場合でも安心、最短一日で結果が分かる

 

資金調達プロ → 売掛金を売却して資金繰りを改善するファクタリングを採用

 

よくある質問

ビジネスローンと一般的なカードローンは、何が違うのでしょうか?
使用目的がまず違います。 一般的なカードローンは資金使途自由と宣伝されているため、誤解されやすいですが、実は事業性の資金に使うことはできません。もし、事業用に使ったことは発覚すれば取引停止などの措置がとられてしまいます。これに対してビジネスローンは事業資金に特化したローンであり、運転資金や開業資金などに充てるものです。両者は資金使途が違うため、借入れの限度額なども異なります。一般的にビジネスローンのほうが、借入れ上限額が大きく、総量規制も適用されません。

 

個人的にカードローンを利用していますが、

個人事業で使うお金はビジネスローンで借りる用立てたほうがいいのでしょうか?

個人向けのカードローンは資金使途として事業資金には使えないのをご存知でしょうか。借入時の貸付条件にも明示されており、銀行や貸金業者ほぼ全ての商品で同様の取り扱いがなされています。そのため、個人事業に使うお金は一般的なカードローンではなくビジネスローンやビジネス向けのカードローンを利用しなければなりません。ビジネスローンでも個人向けカードローンと同様、最短で即日融資が受けられる便利なタイプもありますし、借入額も大きくできるのでいっそう有利です。

 

ビジネスローンを借りるにあたって、経営計画書などを提出しないといけませんか?
ビジネスローンの必要書類は、各取扱い機関や商品、借入希望額によっても異なっています。必ず必要になるのが前年度および過去数年分の決算書、個人事業主なら確定申告書になります。軽軽計画書が必要になるケースとしては、銀行の中規模から大口の融資や公的なローンのほか、消費者金融で扱うビジネスローンでも求められることがあります。必要書類がなるばく簡便なものを選ぶか、経営計画書を精査してもらってより有利な融資条件を引き出すかは、その方の考え方次第です。

 

ビジネスローンは資金が必要な都度、申し込みや審査を受けなければならないのでしょうか?
ビジネスローンには希望額をその都度、申込んで審査を受けるタイプのほか、最近人気のタイプとしてビジネスカードローンという便利な商品が増えています。これは最初の審査で一定額の利用枠を確保してしまえば、その後、必要な時に必要なだけ事業資金を借りることができ、返済すれば再びその分だけ借入枠が増える便利なビジネスローンです。ちょこちょこ運転資金を借りたい方や、いざという時に備えて予め利用枠を確保したい時におすすめです。

 

ビジネスローンを借りるには、 不動産担保や保証人は必要でしょうか?
不動産担保ローンを利用する場合はもちろん不動産が必要ですが、それ以外のビジネスローンにおいては取扱業者やローン商品ごとに異なっています。個人事業主の場合は不動産担保も保証人も不要で、過去数年分の確定申告書だけで審査が済む場合も少なくありません。一方、法人の場合は消費者金融で300万円程度借りる場合でも、代表者個人の連帯保証を求められることがあります。法人は実態の把握が難しいため、代表者が保証人となり、印鑑証明書の提出を求められるケースが少なくないのです。